頭皮乾燥バイバイ

頭皮乾燥バイバイ

シャンプーすすぎの目安の時間は?

髪を洗っている女性

頭皮の炎症やおでこニキビ、背中ニキビはシャンプーのすすぎ残しがあるためにおきている人は非常に多いです。では、どれぐらいの時間を目安にすすぐようにすれば洗い残しを防ぐことができるのでしょうか?

この考えは実はそもそも間違っています。

大事なのは時間ではなくきちんと洗い流すことができたかになります。髪の長い人や髪の短い人にもよって、当然すすぐ時間は異なってくるのですね。

では、どのように洗髪をした際にすすぐようにすればいいのでしょうか!?

大事なのは時間よりもすすぎ方になります。頭皮の乾燥や炎症とトラブルを抱えている人は時間が足りないのではなく洗い方に過ちがある人は非常に多いです。

そもそものシャンプーの使い方を理解していないために洗い残しがあらわれるようになります。

シャンプーの正しいすすぎ方

20代女性

清潔な頭皮にするための正しいすすぎ方を紹介していきます。すすぎ方の基本は洗い残しがないことです。ただ、多くの人が髪の毛のシャンプーは洗えているものの頭皮にはすすぎ残しがある人は多いです。

髪の毛にシャワーのお湯をあてるのではなく、頭皮にもしっかりとあてなければなりません。

まず、洗い残しの多い部分ですが、襟足(えりあし)の部分や耳の周辺が非常に多いです。頭のてっぺんにシャワーをあてる人は多いので水が流れて見た目上では髪の毛全体の泡が流れおちています。

しかし、髪の奥にある頭皮に関しては泡が残ってしまったりしているのですね。とくに耳の裏あたりや襟足などの部分にすすぎ残しがあることが多いです。そのため、頭全体にきちんとシャワーがあてるようにしていきます。

短髪の人であれば頭全体にお湯があたるようにすれば問題はありませんが髪が長い人はもう少し工夫が必要となります。

長髪の人は髪の毛が原因で頭皮まで洗い流せていないことが多いです。そのため、髪を手でどけたりしながら頭皮もしっかりと洗い流せるようにしましょう。美容院などでもきちんと髪をよけながら頭皮にお湯を当てている覚えがある人も多いかと思います。

時間が大事なのではなく、きちんと頭皮もすすげたかが大事となるのですね。時間に関してはきちんと頭皮全体を流すのであれば3分もあれば問題ありません。10分と時間をかける人もいますが、そんな必用は全くないです。

シャンプーは髪を洗うためのものではない

頭皮ケアする女性

勘違いしている人が多いので大事なことを補足しておきますとシャンプーを使うのは髪を洗うためだけのものではありません。もっと大事なのは頭皮を洗うことなのですね。

髪についた汚れを落とすためであれば値段の高いシャンプーもそこまで必要ないですし、誰でも簡単に洗い流すことができるはずです。しかし、頭皮となると髪を触っているだけだと表面の皮脂は洗い落とせたとしても毛穴のおくには皮脂が溜まってしまいます。

頭皮をマッサージするように揉むようにして毛穴の奥にたまっている皮脂を表面にでてくるようにします。それとともにシャンプーの泡によってケアなの奥につまっている皮脂を洗い流しきれいにすることができるのですね。

ただ、注意しなければいけないのが洗いすぎで皮脂を完全に落としてしまうことです。皮脂がなくなってしまうと過剰に分泌する原因となるので多少の皮脂が残る程度が丁度いいのです。毎日、1回洗髪する程度であればシャンプーがあっていない限り問題はありませんが、日に何回も洗髪をしたり長時間洗うようにしている人は注意が必要です。

洗髪後1時間程度で頭皮がベタベタしだす人は洗いすぎによる皮脂の過剰分泌が原因となります。

洗髪後は頭皮用化粧水によるケアを忘れないようにしましょう。
頭皮乾燥にはシャンプーではなく化粧水

 - 頭皮ケア