頭皮乾燥バイバイ

頭皮乾燥バイバイ

頭皮のフケは面接時に落ちる原因

20代の男性

頭皮にフケがついていると人生のなかでフリに働くことがいくつかあります。そのうちの一つが大学や就職活動の面接です。

面接は見た目からチェックされていることは誰でもご存知です。見た目が悪いというよりはフケがあることによって清潔感が落ちてしまいます。

面接となると大抵は黒または紺のスーツとなりますが、肩に白い粉がついていたり頭に白い粉がついていれば当然面接間の印象はよくありません。

とくに清潔間にうるさい女性マイナスになることも多いです。フケがあることだけで落とす担当の人はそこまで多くはないですが、マイナス評価がくだされると思った方がいいです。

人によってはほとんど頭皮のケアを行っていないにもかかわらず、フケがあらわれない人もいます。そういった人たちからしたら頭を毎日洗髪していればフケはあらわれないと考えている人も少なくはありません。

そのため、面接にくるにもかかわらず社会人としてお風呂にも入らないのはどうかと考えられてしまうのですね。頭皮のケアに気おつけているにもかかわらずフケに悩まされる人は多いのですが、他人はそんなことは全く知らないのですね。

フケは面接のときに落ちる原因ともなるので、頭皮ケアは人生の中でも大事な一つの要因となります。

急を要する場合は洗髪をする

髪を洗っている女性

フケは毎日の頭皮ケアが必要となるのですぐにでてくるのを防げるようなことではありません。肌にあったシャンプーを使って化粧水による頭皮ケアをしっかりとおこなったら1日、2日で治るようなことではありません。

適切な頭皮ケアをしても1週間、2週間と時間がかかります。

しかし、すでに就職活動中や大学の大事な面接が数日後に控えているのであれば面接前に洗髪をするようにしましょう。家をでるまえに髪を洗うようにして、できるだけフケが目立たないようにしたほうがいいです。

また、化粧水をつけてできるだけ頭皮にうるおいを与えることで一時しのぎをすることができます。あくまで一時しのぎでしかないので、フケが多少でてきたりすることもあります。ただ、量は少なくすることができるので目立たないようにすることができます。

30代や40代の方であれば黒以外のスーツをきても違和感はありません。スーツの色に気おつかって肩に白い粉が付いても目立たないようにするのも効果的です。

すぐにでも頭皮ケアに気おつける

頭皮ケアする女性

面接をしたらかといって必ずしも受かるわけではありません。そのため、次の面接にそなえて早い段階でフケの発生を防ぐ頭皮ケアをすぐにでもおこなうようにしましょう。

頭皮ケアの基本は化粧水による美容成分の皮膚の浸透があげられます。

すでにフケがでているのなら抗炎・抗菌・保湿の3つの成分が配合されたすこやか地肌のような化粧水が効果的です。フケがでているのであれば頭皮は炎症をおこして雑菌も大量に繁殖してしまっているので保湿だけではものたりません。

たとえ面接が受かったとしても周りには不清潔な人として見られてしまいます。清潔感のない人は職場だけでなく友人関係・女性関係と人間関係で大きく損をすることもあるので頭皮ケアには気おつけるようにしましょう。

 - 頭皮トラブルのデメリット