頭皮乾燥バイバイ

頭皮乾燥バイバイ

頭皮に顔の化粧水を付けるデメリット

10代女性

頭皮も皮膚の一部となるので顔用の化粧水をつけることに問題はありません。しかし、頭皮ケアとしての効果はあまり得ることはできません。

頭皮に顔用の化粧水をつけるデメリットは3つあります。

  • かゆみを抑える抗炎成分が含まれていない
  • フケを抑えるケアとしてもの足りない
  • 雑菌を防ぐ成分が配合されていない

化粧水の中に配合されている成分が異なるので、正しい頭皮ケアを行うことはできません。保湿成分が配合されているので保湿効果を期待することはできます。そのため、多少のフケを抑える効果はあります。しかし、炎症を抑える成分は含まれていないので、フケのケアとしてももの足りなくなります。

デメリット

20代女性

顔用の化粧水をつけることで肌あれなどの影響がおこることはほとんどありません。添加物は除くものの頭皮に悪いような成分が配合されていることはないのですね。

ただ、すでにおきた頭皮トラブルには効果がないデメリットがあります。

頭皮トラブルが発生する原因は乾燥によるものです。乾燥すること肌にうるおいが無くなり炎症をおこしフケやかゆみなどがあらわれます。また、バリア機能が低下をするので雑菌の影響を受けやすい頭皮となります。

しかし、顔用の化粧水だと保湿剤は含まれているものの、すでにおきている炎症を抑えることができません。そのため、一番の原因である乾燥対策をおこなえても炎症をしずめる効果がほとんどないので、ほとんど効き目がきたいできないのです。

また、雑菌の繁殖を防ぐ成分も配合されていません。頭皮用の化粧水によるデメリットは保湿剤による予防効果はあってもすでに起きている頭皮トラブルを治すための効果がほとんど期待できないのですね。

どうしても使いたいなら予防として

病院の医者

どうしても顔用の化粧水を使いたいのであれば、予防として使うほうがいいです。すでに乾燥してフケやかゆみが発生しているのであれば効果はあまりありません。しかし、頭皮トラブルに現在悩まされていない清潔な状態であれば保湿をすることで予防効果が得られます。

顔用の化粧水でヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が全く配合されていないのはまずありえません。

そのため、乾燥対策としての保湿効果を得ることはできます。炎症がおきていないのであれば抗炎成分も必用ではないですが、抗菌成分もすぐに必要とはなりません。(雑菌が繁殖する可能性はありますが・・・)

そのため、予防としてなら効果を頭皮用とまではいかないまでも効果を発揮してくれます。予防としての効果も抗菌成分が含まれていないのでものたりなくはありますが、保湿効果のみは可能性です。

ただ、頭皮用の化粧水を使用したとしても減る量が変わるわけではないのでトータルの金額が変わるようなことはありません。それなら、すこやか地肌のような抗菌・抗炎・保湿の3種類の成分が含まれた化粧水や美容液で頭皮ケアを行ったほうがいいです。

すこやか地肌口コミ

 - 頭皮の乾燥